MoE情報屋


応用

大量生産用

例:バナナ ミルクを大量に作る場合、
早さを求めるために2マクロに分けます。

1マクロ目
1行目
2行目

2マクロ目
1行目
2行目
3行目

1行目で普段シェイカーを持っていない人は1行目の前後に装備マクロを足しとよいです。
ここで重要なのは先行入力を積極的に利用することです。
1マクロを奇数回押すことで砂糖を持ったまま、
コンバイン窓が開くのを待つことができます。
偶数回押してしまうと所持枠に戻してしまいます。
コンバイン窓が開き、砂糖を窓に放り投げたら
2マクロ目を押すことで材料を順次持ち変えていきますので
持ち変わる前にコンバイン窓にほうりこんでいきましょう。
間の/pause 値は自分のリズムに合わせて調整してください。
材料数が多いと最大4マクロ使ってしまうのが難点です。
醸造などで材料が共通になりやすい砂糖やミルクを1マクロにしておくことで、
マクロ数を減らしましょう。






「(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment
株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。」